エクセルヒューマンのSummerWood Winery & Inn

SummerWood Winery
アメリカにおいて、屈指の名醸地として名を連ねるパソロプレス。この地の自然がもたらす恵みを、全身に受けたプレミアムワインが、今ここで深い眠りについています。
Our Wine
Our Wine
Our History
Our History
Our Vineyard
Our Vineyard
Our Winery
Our Winery
Our Wine
土地の良さを、余すことなくワインづくりへ。
カリフォルニア州パソロブレスの広大な敷地にあるサマーウッドワイナリー。緑豊かな葡萄畑に囲まれた環境は、収穫の実りを五感で楽しめる、優雅な安息地としても知られています。すべては葡萄畑からはじまると信じてやまない、サマーウッドのワインづくり。その信念のもと、自然との調和を大切に考え、環境にやさしいワイン生産を認証するプログラム「SIP(持続可能な農法)」を導入。ガイドラインに従った植え付け、動植物の生息地保護、エネルギー効率、節水、スタッフの健康などに配慮することで、より地球に負担の少ない葡萄づくりに取り組んでいます。収穫された葡萄は、品種それぞれに最適な酵母をこだわって厳選。時が来るまでじっくりと熟成させ、熟練の手によってブレンドすることで、複雑でエレガントなワインを生み出しています。
ワインメーカーの紹介
Our History
サマーウッドワインの歴史を、新しいワインの歴史として刻むために。
過去二度に渡り、パリで行われたブラインド・テイスティングコンテストにおいて、名だたるボルドーワインを抑え優勝を納めたカリフォルニアワイン。EH株式会社は、まだどこにもない理想のワインづくりを行うにあたり、無限の可能性を秘めたこの大地を選びました。カリフォルニアの中でも、葡萄づくりに恵まれた微気候と、多種多様な土壌・地形条件を備えるセントラルコースト・パソロブレスは最良のテロワールと確信し、1998年ここにサマーウッドワイナリーを設立。以来、国境を越えて愛されるヴィンテージを発表しています。そして2005年には、私たちの歩みを裏付けるかのように、ワイン評論家Robert M. Parke氏が「パソロブレスは、ナパバレーの最高の葡萄栽培地である」と賞賛。その評価に応えるため、パソロブレスのテロワールが最大限に活きる品種を改めて吟味し、2012年に大規模な植え変えにも取り組みました。エレガントなワインのためなら、迷うことなく一からやり直す。そんな信念を胸に、私たちは今日も新しい一歩を踏み出しています。
Our Vineyard
それぞれの大地は葡萄のために。
葡萄の熟成に最適な気候。豊かな陽光と、それを受け止める絶妙の地形。多彩な品種を育て上げる、砂質粘土ローム質の土壌。サマーウッドワイナリーの魅力は、その極上のテロワールに集約されます。46エーカーに渡る壮大な葡萄畑では、こうした環境を最も生かすことができる葡萄にこだわって栽培。高い人気を誇るカベルネ・ソーヴィニヨンやシラーをはじめ、ヴィオニエ、グルナッシュ、マルサンヌ、マルベックといった品種が収穫の時を待ちわびています。半面、より繊細な心配りが求められることも確か。サマーウッドワイナリーでは、一房ごとに最適な育成条件を管理。熟練栽培家の技術と最新コンピュータを駆使し、必要な日照量を考慮した剪定をはじめ、適正な水分量をコントロール。最新科学と匠の経験が、最良の葡萄を実らせます。サマーウッドワイナリー。それは、ワインの新しい聖地の名前です。
Our Winery
一粒の実りを銘品へと育てる、サマーウッドの心臓部。
広大な緑の葡萄畑に浮かび上がる、真っ白い建物と赤れんがの煙突。ワインカントリーパソロブレスにおいて、屈指のワイナリーとしてその名を連ねる「サマーウッドワイナリー」。栽培家と醸造家、そして大自然の愛を全身に受けた葡萄が、最高峰のワインへと続く熟成の時を過ごしています。
醸造責任者 Mauricio Marchant マウリッシオ マーチャント
世界的に注目を浴びるワインの生産国のひとつ、チリ出身の醸造家。サンチアゴのイベロアメリカーナで農学を学んだ後、チリでも評価の高いワイナリーとして有名なコンチャ・イ・トロとビーニャ・サンタ・リタにて醸造家として勤務。南米最大のワイン醸造者であるコンチャ・イ・トロでは、このワイナリーを代表するワイン「ドン・メルチョール」の醸造メンバーの一員としても活躍。その後、広く世界のワイン生産地に目を向け、中でもアメリカに注目。2001年にはオレゴンのウィラメットヴァレー・ヴィンヤーズとナパのセントスぺリー・ワイナリーで技術を磨き、2004年パソロブレスへ移住。多くのワイナリーで経験を重ねる。2010年、サマーウッドワイナリーで顧問醸造家であるジェフ・コーエンの指導のもと、醸造助手としてメンバーに参加。2011年、主任醸造家に就任。葡萄の育成から醸造、ボトリングまですべての工程を加わる。
Tank タンク
収穫された葡萄が最初にたどり着くのは、磨き抜かれたステンレスの発酵タンク。ワイン業界の雄「ポール・スミス氏」が設計した、美しいフォルムと最新の機能を備えたタンクの中で、いよいよ葡萄からワインへの物語が幕を上げます。品種ごとに厳選したこだわりの酵母は、やがて果汁に凝縮された糖分と結ばれきらめく一滴へ。その奇蹟のような道のりを、コンピュータと醸造家が24時間見守っています。
Barrel 樽
熟成を担う樽は、単なる「入れ物」ではありません。これも、ワインの特徴を決定づける大切な材料のひとつ。木の種類、新旧、そして大きさ…。そのすべてが、ワインの個性を育みます。サマーウッドでは、樽の一つひとつを一流の職人に依頼。最後まで真摯なワインづくりを貫くことで、より深く繊細な味わいへと洗練されていきます。
Tasting Room テイスティングルーム
テイスティングをしてから、ワインを選びたい。そんなこだわりに応えるのが、サマーウッドワイナリーのテイスティングルーム。ここでは、重厚な木のバーカウンターでスタッフの説明を聞きながら、ゆったりとワインを味わうことができます。この上質な空間で、プレミアムな一本との出会いを、お愉しみください。